二胡を抱えて中国へ コンクール編

北九州で二胡を楽しくへようこそ
先週から二胡奏者びーは、二胡を抱えて中国は深センへ
二胡の師匠ヤン・イー先生と同門の方々10名で
世界華人芸術祭コンクールへ参加して参りました。

到着するまで参加者全員詳細が分からず…
現地に到着してもホテルが何処か分からない…
これはサバイバルツアーなのだと自覚したのは
香港空港をタクシー会社の受付を探して歩き、2台に別れて乗車した辺りからでした

DSCN0215_convert_20120131141220.jpg
片側5車線ある高速道路を、方向指示器を出さずにものすごいスピードで
車線を変更するタクシーが、やはり方向指示器を出さずに寄ってくる車をよけつつ
1時間ほどかけて深センの入口に到着
出入国手続きを無事に終え、香港から乗ったタクシーは深セン市街までは行けないので
運転手の指示のもと、吹きっさらしの寒空の下もう一台に乗車したメンバーを待ちます。
慌てて手袋と毛糸のショールを引っ張り出すほどの寒さでした

DSCN0217_convert_20120131144857.jpg
コンクールの会場のひとつ『深セン大梅沙中興通訊學院』
朝5時に起床し日本を出て30個くらいのすったもんだの挙句
このリハーサル会場に到着したのは22時(日本時間23時)でした。
なんとそこで、先程までにこやかに一緒に夕食を食べていた現地のピアニストが、
伴奏が難しくて出来ないと言い出し「賽馬」を私が初見で適当な伴奏をして見せて
説明しましたが、私達が演奏する二胡のペースに合わせることは全く出来ないことが判明
コンクールで演奏する「戦馬奔騰」と開会式での「賽馬」は伴奏をつけることを諦め
同じく開会式で演奏する「涙そうそう」の伴奏だけを、ピアニストに師匠が一生懸命
指導しただけで会場のスタッフに、もう時間だと追い出されてしまいました。

DSCN0234_convert_20120131141837.jpg
これは大梅沙中興通訊學院ホテル(2つ星)の部屋
きれいそうに見えますが、暖房無し、バスタブ無し、床には様々なゴミが散乱…
到着した初日は寒くて眠れず、何故か深夜と明け方にあがる打ち上げ花火の音や
朝早くから大きな声で騒ぐ中国の子供たちに悩まされ
究極の睡眠不足で、コンクール本番を迎えました。

DSCN0220_convert_20120131141321.jpg
〝結果的〟に私達の演奏場所となったコンクール会場のひとつ
中国らしさに慣れてきた私は会場の椅子が固定されておらず
皆が座る度にずるずる動くことにも驚かなくなりました。

DSCN0225_convert_20120131141532.jpg
開会式
音響がひどすぎてハウりまくることにも笑えるようになりました。

DSCN0222_convert_20120131141430.jpg

DSCN0221_convert_20120131141353.jpg
ダンサーのかわいい子供たち
あとで沢山会話をしました(お互いの話は全く通じていませんが)

さて…
コンクールの結果は
翌日の朝に大きなトロフィーと、分厚いファイルに入った賞状が 
メンバー全員分届けられました。
師匠には分厚い額入りの楯
念願の金賞を全員で頂くことができました!
正直な感想は…これでもう中国に行かなくていい~でしたが

DSCN0386_convert_20120131144951.jpg
DSCN0385_convert_20120131144928.jpg
二胡斉奏(合奏)の部 金賞
立派なケースに入った賞状です

派手なトロフィーは重いし、かさばるし
捨てて帰りましょう!と何度も私が申し出ましたが
師匠はしっかり持って帰国して下さいました。
トロフィーは師匠のお宅で後日受け取りです

さあ!!
これでお役目は果たしたし、観光だ~~~~
と思ったのですが、やはり凄い中国
サバイバルは、まだまだ続くのでした…




二胡奏者 びーのホームページはこちらのバナーから
      ↓




北九州情報ランキングに登録しました。
よろしければ下のバナーもクリックお願いいたします
       ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

こちらもよろしければ
       ↓
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村